起業成功者インタビュー

事業内容

一般社団法人を福岡で設立し、コーチと講師の養成をしています。講師は、前に立ってお話をしたり、研修をしたりすることが主で、コーチは相手方の目標に向かっていくサポートをするのがメインです。その2つをバラバラでなく、講座を受けることで、どちらの資格もとれるようにしていています。私自身が、最初講師資格をとって、それからコーチ資格をとったという経験があり、時間もお金もかけてきたので、両方いっぺんにできるようにしました。講師の場合は、コーチもできるとコミュニケーションの取り方が円滑になりますし、コーチの場合も、セミナーができるとお客様がとりやすいです。なので、両方が備わる環境を作って、回り道せずにすむような取り組みをしています。また、講師の方はどうしても、マーケティングやセールスが弱くなってしまうので、その辺もカバーしています。一期が、前6回三か月というコースで行っていて、現在は東京進出に向け準備しています。

特色・強み

私自身がスタートする時に何も分からない状況で困ったという経験を活かし、講座を受けることで、とりあえず最初に必要なことが迷わず、分かるようなるという点が強みです。例えば、大学院卒業したてで、講座を受けた方は、一年後にはカルチャースクールデビューをして、講座が満席になりました。この方は、一つの成功モデルケースとして活躍していただいています。また、スキルはもちろん、考え方をきちんとお伝えするので、講座を受けた後もお互いが協力できる環境が構築できる点が特色です。独立した際の、ホームページ制作や、SEO対策も0ベースでカバーしているので、その点も強みとなっていますね。

起業のきっかけ

短期大学卒業後、新体操をしていたこともあり、健康体操の動きを作る仕事をしていました。ただ、価値観に合っておらず、サンタバーバラに語学留学をしました。日本に帰国後は、英語の勉強を続けるため塾のアルバイトを経て、留学前にホテルのフロントのアルバイトで感じた接客業への魅力から、友達の勧めもあり、外資の客室乗務員になりました。11年間勤めて、結婚を機に専業主婦になるために退職しました。ただ、他の専業主婦の方との感覚の違いに、向いてないなと思うようになりました。その後、周りからの「元CAならマナー教えられるよね?」という先入観から、そんなに言われるのなら、教えられるようになろう!と思い、東京に講座を受けにいくようになりました。いくつも講座を受けた中で、最も楽しいがコーチングで、それが出会いでした。

それから、「コーチング」の資格を取り、キャリアも教えられると良いと思い、「キャリアカウンセラー」の資格も取得しました。直接の起業のきっかけは、ある勉強会に参加して、コーチングをやってみたことでした。その時そのコーチングが思いの外、大好評でコーチングの汎用性に気づきました。マナー研修だけでなく、コーチングをかけ合わせることでビジネスとして展開しやすいことも感じました。そして、2013年の11月に一般社団法人を設立しました。社団法人にしたのは、お客様からの、「講座にお金を払うなら、履歴書に書け、営業をする際にもしやすい、資格にしてほしい」と言うニーズがあったからです。

起業して良かったこと

微力なのですが、色々な方のお役に立っていると実感できることですかね。ちょっと大きな病気をしていて2年間くらい講師として、立てなくなったことで、考え方が変わりました。人を育てるようになり、より楽しくなった気がします。元々、好奇心が旺盛だったので、なんでも自分で行いたいタイプだったのですが、今は、仕入れてきたものを伝えてみんなにやってもらう!という形をとっています。

起業する際に大変だったこと

意外と、展開型で楽天主義だからあんまり大変さはないかな。起業って良い事ばかりじゃないと思うですが、あまり悪いことって思わないタイプですね。考え込むとできないですからね。ただ病気して2年間ブランクがあった時は仕事ができないかと思いました。病院に仕事のオファーがあった時は、受けることができない辛さがありました。けれど、病気後初めて外に出たのが、仕事だったのです。買い物すらしていなかったので、その日は、信号もゆっくりゆっくり渡ったのを覚えています。その経験があるから、あんまり小さなことは平気なのですかね。(笑)

目標・夢

やはりもっともっと講師の方をサポートしていきたいです。また、コーチングをしていると、成長度と幸福度が上がるので、そういった人材を世の中に増やしていきたいです。コーチングを学んでいる人で、不幸になった人は聞いたことがないですからね。


起業を考える女性にひとこと

まず、行動する!スタートすることが一番です。
思っていても何も進まないので。また、「こんな風になりたいなー」という方がいたら、その方をモデリングしてスタートすると良いのかなと思います。「私なんかが…」と思わずに、動いてみると良いです。動くとまた景色が変わりますし、考え方も変わります。
まずはやってみよう!

冨田 由起子

一般社団法人日本キャリア・マナー・サポートコーチング協会
代表取締役

福岡出身。外資系の航空会社で客室乗務員として勤務後、結婚を機に退職。専業主婦になるもビジネスマナー講師養成講座を東京で受講したのがきっかけで講師業を始める。現在は、活躍のステージを推しあげる専門家として、マナー、コミュニケーションを通して、みんなが笑顔でいられるサポートを九州発信で進める。


HP:http://career-manner.com/

ページの先頭へ