起業成功者インタビュー

事業内容

弊社は英語の学校を運営していて、English AvenueはESL(イングリッシュ・アズ・ア・セカンドラングイッジ)語学学校です。でも実は日本語もお教えしていて、JSL(ジャパニーズ・アズ・ア・セカンドラングイッジ)もマンツーマンでやっています。 キッズから学生、ビジネスマン、企業研修、英語のプロフェショナルまでお教えしていて、お子様の場合は2歳から親子クラスがあり、TOEICや英検、大学・大学院受験、海外留学準備、上級レベルは大学の先生や国際報道記者、お医者さんまでと、様々な生徒さんがいらっしゃいます。加えて、プロの翻訳者・通訳者、企業内通訳のクラスもあります。また、英語のサマーキャンプやリーディング・コンテスト、英語でヘルシーフードクッキング、NHK「7時のニュース」のバイリンガルニュースライターに現場の英語を教えて頂くセミナーや英語で殺陣のレッスンなど、色々なイベントも開催しています。最近では、英日バイリンガル日本情報発信サイト「Blossoming Japanブロッサミングジャパン~日本の今を伝えたい~」というサイトを完全英日バイリンガルで始めたところです。

特色・強み

「使える英語」を身に付ける「イングリッシュ・アベニュー・メソッド」(EAメソッド)を考案しました。日本人は、本当にこう言って通じるのかな?という不安感が常にあるので、まずは自分の英語で言いたい事を言ってもらい、それをネイティブ講師が不自然だと感じた場合は、その場でネイティブの英語に直しウェブサイト上のクラスノートに書いて行きます。生徒さんは自然な英語に直してもらったクラスノートを、何回も音読することで自信をもって自分の言いたい事が大声で言えるようになっていきます。常に日本人の先生と連携してお教しえするというのもEAメソッドの特色で、本当に英語がうまくなりたい生徒さん達に現場で使える英語をお教えし、全面的に応援していく体制をとっています。また、子供から大人まで、EAが良いと考える教材を厳選し、かつオリジナル教材を製作して一貫したカリキュラムを提供している点と、その生徒さんに最も適したカリキュラムをオーダーメイドで提供している点が強みです。

起業のきっかけ

いつか起業したいとは、高校生の頃から思っていましたが、なかなかチャンスも自信もなく、就職して、結婚もしました。大きな転換期となったのは、ニューヨークのコロンビア大学MBAコース(経営大学院)に入って、そこで必死に勉強したあと、信念であった日本人のいないアメリカの企業で働くという夢を叶えたことです。 その頃から、少しずつ自分に自信がついてきて、一人でもやっていけるのではないか、と思えるようになり、リーマンショックを機に、それまで携わっていたコンサルティング業務を辞めて、帰国後長年温めてきた新しいコンセプトのESLスクールを起業しました。なぜ、英語だったかというと、私がフツーの日本人で中1から英語を学んで、大学で英語を勉強するかたわら英語の専門学校や通訳学校に通ったりと、非常に廻り道をしながらも英語を仕事で使えるようになったからです。どうやったら英語の4技能(読み・書き・聞く・話す)を最も効率良く効果的に学べるかをずっと考えてきたので、それを同じように本気で英語を身に付けたい方へお伝えしたいと思いました。

起業して良かったこと

毎日いろんな人に会えて楽しいです。アメリカの会社は比較的自由ですが成果主義でトップダウンなので大変でした。年俸制ですし24時間態勢といった感じ。そういうストレスはなくなり、何から何まで自分で決めることができて起業はすごく良かったと思います。生徒さんの英語学習の目的や目標をお伺いして、自分が体験してきたお勧めの習得方法を紹介し、それで生徒さんたちが外資への転職や、留学などの夢を叶えていくのがとても嬉しいです。英語ができると世界で今何が起きているのか直に分かりますし、日本語だけでは分かりえない世界の情報に触れることができ、多角的・複眼的になれると思います。また、日本のことや自分のことも、英語で世界中の人々に発信することができて楽しいですよ!

起業する際に大変だったこと

もちろん従業員への給料や家賃など、金銭的にはお勤めしている時とは違い、もらう方でなく、払う方なので大変ではあります。けれど、社会の一員として会社を運営しているという意識があると充実していて楽しいですし、苦にはならないです。
まあ、いつももっと頑張らないと!と思えますしね。

目標・夢

一つには、海外に日本のファンを一人でも多く増やしたいです。日本人は、ロボットとか忍者とか「物言わぬハイテク大国」という冷たいイメージがあるんです。西洋人に比べて無表情ですしね。だからこそ、コミュニケーションをとる上で、道具としての英語は必要であり、もっと草の根レベルで自分たちが発信し、草の根レベルで日本への誤解を解いていきたいです。日本の文化はヨーロッパに匹敵する長い歴史をもっているので、それを今風に味付けして、若い人が日常的にやっていることや一般の日本人が今ハマっている事などを日本の新しい文化として海外に伝えたいです。
分かり合いたいという気持ちがあれば分かり合えますし、戦争を起こさないようにするにはお互いを理解することが基本です。
もう一つは、「EAメソッド」を広めたいです。サービスの品質管理が難しいのでフランチャイズはなかなか難しいですが、全力でやる気がある方がいたらネイティブ講師の指導も含めてお教えしたいですね。

起業を考える女性にひとこと

起業をしたいという夢をどこまで持続できるかというところが鍵です。一度失敗してもあきらめずにその夢を持ち続ける能力があるかどうか。起業すると決めたらやり通すことが大切です。自分の足で立って、自分の分は自分で稼ぎ食べていく自信ができたら、起業する。そして自分の得意でない分野は得意な人にデリゲートする(任せる)能力が必要です。
あと「六次の隔たり」(Six Degrees of Separation自分から6番目の人は必ず知り合い)」というのを、最近歳を重ねれば重ねるほど感じます。全然接点がないと思っていた人がどこかで繋がっている事実を何度も体験しています。世界中でみんなが繋がっているんです。ですから人間関係は本当に大事で、職業倫理をもった誠実な人じゃないと仕事は発展していかないと思います。今という時代は若い人、特に女性にとてもチャンスのある状況になってきているので、頑張って欲しいと思います。

加藤 麻子

English Avenue

上智大学英文学科卒。コロンビア大学経営大学院卒業(MBA)、みずほ銀行本店国際部勤務後、CNN、NHK「7時のニュース」NTV「今日の出来事」等の二カ国語放送英文ニュースライターや会議通訳を経て、ワシントンDC、ニューヨーク、ロサンジェルスの米国企業に勤務。滞米10年半の後帰国。地球市民として世界の声に耳を傾け、日本の声を世界に発信するために不可欠な『英語』を日本人が効率的に楽しくマスターできる『EAメソッド』を開発。日本人の英語によるコミュニケーション能力向上に寄与したいと考えている。


http://www.english-ave.com/

ページの先頭へ